平成29年4月14日(金)

僕は将来が怖い。立派な大人になりたい。過去、同級生に散々バカにされ、恥をかいてきた。きっと将来精算される日がくるだろうと思っていたから。人間は自由だ。人並みの人間生活が送れていれば大抵なんにでもなれる。しかしよく考えてみれば僕は人並みの生活を送っていなかった。まず、睡眠のリズムが全く定まっていない。お風呂も入りたくなったら入るし歯も磨きたくなったら磨く。ご飯も食べたくなったら食べる。これが異常だと自覚したのは18になってからだった。なんども、治そうとしたけど未だに、ひとつも、毎日続けられてる習慣は無い。苦しい。

高校一年生の頃、ボーカル教室に通っていた。僕は歌うことが好きだった。あの頃は毎日歌っていた。この世界のルールに則って観れば、好きで毎日続けているものは上達するはずだった。しかし、一向に下手くそなままだった。プロの人や歌の上手い友達は裏声と地声の境界が無かった。僕は高い音を出すには叫ばなければいけなかった。1年くらいは高校をサボりながらネットなどで研究していた気がする。ボーカル教室の先生は、僕にもっと強く叫ばせた。僕はその歌いかたが間違っていることに気付いていたけど、どうすることも出来なかった。ある日、ある友達とカラオケに行った。その友達の声質は僕と同じで、見事に高音を操っていたのだが特に練習をしていた様子ではなかった。よく聞くと、裏声を地声っぽくしていた(ミックスボイスが分かりやすかった)。早速その日から僕も、裏声からミックスボイスを作る練習をした。3ヶ月ほど経つと、僕の声は劇的に変わっていた。確かに上手くなった。僕が3年もボーカルを練習して成せなかったことを、いとも簡単にコツをつかんで成している人が居た。それから、歌への情熱が、やっと冷めた。

別にお金を稼ごうとしたわけじゃない。誰かに認められたかったわけでもない。ただ、人間として普通に歌を上手く歌いたかった。

僕の長い趣味は終わった。

 

お金を稼ごうと思った。普通に生きようと思った。勉強を始めた。独学の勉強だ。

最近悪い夢を見る。今、コツコツと進めている勉強があのボーカル教室で叫び続けた無駄な時間と同じだとしたら?受験に合格する人は、あのミックスボイスを操る友人のようになにかしらのコツを持って、合格する頭で合格する勉強をしているとしたら?僕は1度失敗している。無為に叫び続けて何も得るものは無かった。生活習慣がしっかり身に付いて居ないからでは無いか?僕はアスペルガーらしい。それのせいか?原因。見つからない解決、不安だ。本当に不安だ。心の中で、余計なこと考えないで勉強しろよ。しとけば間違いないだろ。と声が聞こえる。でもあの叫び続けた日々は、余計なこと考えないで叫び続けていたんだ。何も得るものは無かったのに。いや、あったかもしれない。でも僕の欲しかったのは綺麗な歌声、ミックスボイスを操る歌声だから、やはり得るものは無かったと思っている。勉強も、3日ほど経つと記憶から薄れていく。これを薄れさせない方法が、裏声から近付けていくような方法がちゃんとあるのでは?ネット、塾は当てにならない。なるところもあるかもしれないけれどボーカル教室やネットで歌が上手くならなかった、あの友人に会えたのは奇跡だったといえる。果たして一番正しい勉強法とはなんだろう。不安だ。死ぬほど不安だ。時間はどんどん過ぎていく。誰も待ってはくれないし、自分で稼げるようにならないとホームレスだ。昔、同級生にバカにされ恥をかかされた。その上何も成し遂げることのないままホームレスなんて救いが無さすぎやしないか?人並みに勉強がしたい。大学の皆と、キャンパスライフを送りたい。大学に行きたい。同じ目線で尊敬しあって勉強をして、将来に向けて歩き続けたい。誰か助けてほしい。最強の暗記法を教えてほしい。本当に不安なんだ…

具体的には数学と化学をなんとかしたい。

何をすればいい?問題集を解きまくればいいんだろうか?

平成29年4月13日(木)

思うに、似ているコンテンツを選んですすめることが生活だ。ギャップがあればモテるし面白い。ギャップがなければ勉強が出来るし面白い。似ているものを探してみよう。山に皆と山に向かう夢を見た。駅員さんらがゴツいカメラで可愛い犬を撮っていたので、俺らも一緒になって撮った。無言で撮り始めると帰属意識が大きくなって安心するなあ。無言は、いっつも重要だ。

人を笑わせなければ、もしくは笑わせることが出来なければ生きている価値が無いとばかりに僕は人を笑わせることばかり考えている。しかしあの日の野球部たちやテレビのお笑い芸人や、尊敬する人達ほど人を笑わせたことは無い。本当にギャグセンスが低いと思う。こんなに笑わせたいのにな。真顔、無言で何かをすると笑かせると思った。僕は笑顔に発達したので、にらめっこが苦手だ。憂鬱だ。皆はいいなあ。

そう、似ているものを探すんだっけか。無言で示しあわせたようにカメラを持ち出すと笑える。仕事をしないで可愛い犬を撮り始める駅員。ロックンロールというやつだ。ロックンロールが反社会的という意味か自己中心的という意味か分からないな。なるべくなら使いたくない言葉だ。しかしこの駅員たちの行為は反社会的でもあり自己中心的でもある。ロックンロールは適切な言葉…そういう風に使役しただけだ。

ああ、あの時も、ブログをアピールしていた時もこういう風に力を抜いて執筆、寄稿(どっちだ?どっちでもないか?)すればよかったんだ。それは間違いか。何が良かったかなんて簡単に決められるものじゃない。誰にも評価されていないことを羨ましがる人だって居る。僕がそうじゃないだけだ。よく考えればなんの憂鬱も無い。なんで憂鬱があるんだ。

誰も教えてはくれない。そうだ、勉強をしよう。

平成29年4月13日(木)

思うに、似ているコンテンツを選んですすめることが生活だ。ギャップがあればモテるし面白い。ギャップがなければ勉強が出来るし面白い。似ているものを探してみよう。山に皆と山に向かう夢を見た。駅員さんらがゴツいカメラで可愛い犬を撮っていたので、俺らも一緒になって撮った。無言で撮り始めると帰属意識が大きくなって安心するなあ。無言は、いっつも重要だ。

人を笑わせなければ、もしくは笑わせることが出来なければ生きている価値が無いとばかりに僕は人を笑わせることばかり考えている。しかしあの日の野球部たちやテレビのお笑い芸人や、尊敬する人達ほど人を笑わせたことは無い。本当にギャグセンスが低いと思う。こんなに笑わせたいのにな。真顔、無言で何かをすると笑かせると思った。僕は笑顔に発達したので、にらめっこが苦手だ。憂鬱だ。皆はいいなあ。

そう、似ているものを探すんだっけか。無言で示しあわせたようにカメラを持ち出すと笑える。仕事をしないで可愛い犬を撮り始める駅員。ロックンロールというやつだ。ロックンロールが反社会的という意味か自己中心的という意味か分からないな。なるべくなら使いたくない言葉だ。しかしこの駅員たちの行為は反社会的でもあり自己中心的でもある。ロックンロールは適切な言葉…そういう風に使役しただけだ。

ああ、あの時も、ブログをアピールしていた時もこういう風に力を抜いて執筆、寄稿(どっちだ?どっちでもないか?)すればよかったんだ。それは間違いか。何が良かったかなんて簡単に決められるものじゃない。誰にも評価されていないことを羨ましがる人だって居る。僕がそうじゃないだけだ。よく考えればなんの憂鬱も無い。なんで憂鬱があるんだ。

誰も教えてはくれない。そうだ、勉強をしよう。

平成29年3月22日(水)

無知からくる嫌悪を無くそうと思う。嫌悪感、自分の感覚なんてなくなるものだろうか?

ああ、ガスでいっぱいだ。

2017年3月16日(木)

日記というのは続かないなあ。

なんでだろう。なんでだろう。

メモを書く習慣をつけたいと思った。でも携帯のメモで良い気もする。いや、紙のメモがいい。

思い付いたことをつらつらと毎日書き連ねれば意味が分かるんじゃないか。

思うに勉強というのは、右から左に送る作業の中で単語を覚えていくものだと思う。例えばアルバイト、お仕事。言語獲得装置はひとつしかないけれど、これ自体は言語以外にも応用出来るんじゃないかな。

アメリカへ旅行に行きたい。

平成29年3月11日(土)

アニメを観て眠気を飛ばし、午後は教習所に行った。帰って寝た。

平成29年3月10日(金)

今日は化物語を観た。

かなり感動した。

アニメを見て生きようと思った。